良いソフト

良いソフトの選び方とは

介護保険請求ソフトには、CD-ROMなどのパッケージ型とインターネットを利用したASP型の二種類があります。料金体系も様々あります。多機能であるために、どれにしようか迷っている介護事業者の方も多いのではないでしょうか。介護保険請求ソフトを選ぶときの注意点としては、まずは操作性です。専門的な知識が必要なソフトを選ぶと、操作しているスタッフの急な休みなどの場合が大変になります。誰でも使いやすいソフトがいいです。次にコストの面です。機能が良く、コストも抑えたソフトを選ぶに越したことはありません。それから、サポート体制が整っていることも重要です。介護保険請求ソフトは業務を行っていくなかで長く使っていくものになるからです。

介護保険請求ソフトのメリット

パッケージ型のメリットは、インターネットに接続しなくても使えることや、長期で使用するとお得な場合もある点です。幅広く高度な機能が備わっているので、多機能を希望する場合はいいでしょう。そして、インターネットに接続していないので、重要なデータは全て事業所内で管理できます。ASP型は初期費用がほとんどかかりません。また法律改正に伴うバージョンアップについては自動的に行われたり、無料な場合が多いです。介護保険請求ソフトの会社ではバックアップ機能も充実しています。急な停電や、パソコンの故障でもデータを失う心配がありません。そして、インターネット上から手軽に国保連へ請求でき、業務の負担が軽減されるでしょう。