お年寄りに手を添える看護師

NEWS

良いソフト

ひと口に介護保険請求ソフトと言っても、その中にはいくつかのタイプが存在しています。その中から、形式的に、あるいは機能的に合うものを選んで、導入する必要があるのです。

詳しく読む

ASPのメリット

現在主流となっている介護保険請求ソフトは、ASP型です。ASP型の介護保険請求ソフトは、パッケージ型には無いメリットが様々あります。パソコンの故障に強い、コスト負担が少ない、などのメリットがあります。

詳しく読む

サポート体制

介護保険請求ソフトは、様々なソフト会社から誕生していて、機能性も高くなっています。ただ、導入する際にはソフト自体の機能性やコストだけではなく、ソフト会社のサポート体制も重要な部分になります。

詳しく読む

導入の目的

事業者や介護専門職では、現在利用している介護システムに満足していないところも多いです。便利な介護システムですが、選び方を間違ってしまうと、不便な物になってしまうのです。
利用に満足できるために、介護システムの重要なポイントを知っておきましょう。
事業所が介護システムを導入する目的は、介護保険請求や介護に関する業務を効率化するためです。従来までは手作業で多くの作業を行っていましたが、介護システムを活用することで、作成の手間を減少することができたり、締め処理の負担が楽になったり、と様々な部分で負担が少なくなるのです。
業務効率化ができると、人件費を少なくすることもできるので、経営では大きな存在となっているのです。
少子高齢化の日本では、介護事業所を利用する人が非常に多くなっていて、規模も拡大しています。
そのため、国保連に対する保険請求事務を始めとした業務は、これからも更に増えていきます。それを手作業でやると、非常に長い時間がかかりますが、ソフトの導入で、時間短縮に繋がるのです。
利便性が高い介護システムですが、注意点があります。それは、介護システムのトラブルが原因となり、目的の業務効率化ができないというものです。
場合によっては、業務効率が悪くなることもあります。
それを防ぐためには、事業者に合ったシステム選びが重要になるのです。

介護システムの導入は、介護サービス品質の向上にも繋がります。
介護サービス品質の向上は、人材育成をするのが基本ですが、人材育成をする前に、人材育成しやすい環境作りが重要になります。
介護保険請求のような事務処理の業務に、多くの時間を割いてしまうと、介護専門職の人たちのストレスが溜まってしまいますし、品質向上にも繋がりません。
そこで、介護システムを導入することで、事務処理の業務の負担を少なくすることができ、介護サービス品質の向上に繋がるのです。